読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ裏

私の好きなモノの感想を只管述べているだけのブログです。

金貸しとトンデモ登場人物達の面白おかしいお金の話。ナニワ金融道1-19巻感想。

オススメされて読んでみました。割とダメ人間が多くて笑えました。

少し自分と重なるダメ人間もいて笑えない部分もありましたが(笑)

あらすじ

金が物言う本音の世界、すべてお見せします借りた金は必ず返す。返すアテのない金は、けっして借りない。そんな簡単なことなのに、気づいた時は大借金地獄。帝国金融が金の怖さキビシさをキッチリ教えます

少し優しい好青年が金貸しとして立派になっていきます

最初は少し青臭い感じの主人公こと灰原さんが、終盤にかけてどんどん肝の座った借金取りへと成長していく姿が地味に良かったです。

f:id:s331m:20161009023603j:image

こんな感じの頼りない青年が

f:id:s331m:20161009023630j:image

最終的にこうなります(笑)

ヤクザみたいなゴロツキ相手に大立ち回りしたり、手形詐欺グループ相手に追い詰めるまで必死にあの手この手で相手のことを追跡したりと着実に立派な金貸しになっていくところは見ていてドキドキさせられつつも面白かったです。

登場人間達が皆超個性的でした

この作品の一番のウリと言っても過言じゃないですかね。

帝国金融を騙そうとする地面師やら、議員になるために金をバラ撒きまくるおじさんとか、弟子に借金を肩代わりさせる気まんまんで借金する屑社長やら、他人のキャッシュカード使って買い物しまくる屑やら、本当に色んな人物が出てきますが、その中でも本当に印象深いキャラクターが二人いました。

一人は灰原の提案した錬金術で夜逃げさせることになってしまった老夫婦こと薄井夫婦。この人はこの作品内でも中々珍しく、お金で失敗はしつつも人間的に最後まで屑じゃなかった人で、しかも夜逃げすることになってしまった灰原の失敗を許してしまうという器の大きさが凄い印象的でした。

f:id:s331m:20161009023703j:image

このシーンはナニワ金融道の中でも屈指の名シーンですね。

あともう一人は、肉欲企画の肉欲棒太郎という名前のインパクトが超強烈なキャラクター。

f:id:s331m:20161009023716j:image

名前だけでなく話も中々面白く、このキャラクターだけ、エピソードが二回あって再登場するという活躍ぶりです。しかも一度借金背負って夜逃げした所から復活してしまうんだから凄い。どこか憎めない男気のあるキャラクターとして凄く印象的でした。

ライバル同士の戦いがひたすら熱い!みどりのマキバオー1-10巻感想。

某MAD動画でマキバオーとカスケードの熱い戦いに感化され、全巻読んでしまいました。超面白かったです。 

あらすじ

日本競馬史上、かつてない珍馬・珍獣が出現。体は小さいが走るのは速い、犬の様な白毛馬、みどり牧場一の競走馬ミドリマキバオー!! 意気揚揚と新馬戦に臨もうとするが、華々しいデビューを飾れるか…!? 競馬界に旋風を巻き起こせ!!

主人公は白い珍獣マキバオー

直線の伸びが滅茶苦茶すごい根性印の名馬ことマキバオーが主人公です。周りの色んなキャラクターがこの珍獣を支え、そしてその支えに応えるだけの結果を出してくれる所が読んでいて爽快でした。

ライバル達が無茶苦茶魅力的

勝負の世界に身を置くキャラクター達の姿が滅茶苦茶カッコイイです。主人公のマキバオーの熱血なところもカッコイイですが、何と言ってもこの作品はカスケードがあったからこそ、ここまで面白くなったんじゃないかなぁと思います。それくらいカスケードが無茶苦茶カッコイイライバルキャラなんですよね。(カレイドスターでいうところのレイラさんみたいなポジだったなぁと私は思っています。)

 f:id:s331m:20161002022715j:image

また、節目節目で主人公の元に現れお互いのプライドをかけた戦いをしていく所がまた熱い。何度も何度も負けを繰り返すんですけど、マキバオーが少しずつ成長していき差が縮まっていくところが熱いです。またそれに応えるように更に才能を開花させていくカスケードもたまらなくカッコイイ。

あと、他にも色んなライバルキャラが色んなレースで出てきますが、勝ったり負けたりするので、常に勝負としてドキドキしながらレースを見れるのが面白かったです。世界戦編に入ってから少し微妙な感じになりましたが、国内編は滅茶苦茶面白かったです。世界編は正直ベアナックル劇場になっちゃった感じでしたしね…。何にせよ、エピローグで一人の馬の選手生命を終えるところまで描かれていたのは凄い感慨深くて良かったです。「たいよう」の方もそのうち読もうかなぁ。

上司の無茶振りにひたすら耐える利根川が滅茶苦茶面白い。中間管理録トネガワ1-3巻感想。

カイジとEカードで死闘を繰り広げたあの不敵なライバルことトネガワが主人公に!!と思ったら超シュールで世知辛いサラリーマンギャグ漫画になってて笑えました。

中間管理録トネガワ(3) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(3) (ヤングマガジンコミックス)

 
中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 
中間管理録トネガワ(2) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(2) (ヤングマガジンコミックス)

 

あらすじ 

帝愛グループ会長・兵藤和尊(ひょうどう・かずたか)の命で、債務者たちによる「死のゲーム」の企画を任された幹部・利根川幸雄(とねがわ・ゆきお)!! 早速、企画会議を開く利根川を待っていたのは、受難…!! 煩悶…!! そして絶望…!! 会長と黒服の間で苦悩する利根川を描く、悪魔的スピンオフ、始動……!! 

主人公トネガワのギャップが凄い

この漫画の主人公は逆境無頼カイジで出てくる中ボス的キャラクターです。

カイジ本編では、会長の手先として冷徹に債務者を陥れていくクールで嫌な奴という印象でしたが、この作品内では上司である会長からの無茶振りに振り回されるだけ振り回され、焦りに焦りまくる姿ばかりで本編とのキャラのギャップが凄すぎて笑えました。

f:id:s331m:20161002015840j:image

特にお気に入りは1巻の部下のパワポに地味にツッコミを入れてるシーンが似合ってて笑えました。

トネガワが振り回されまくって面白い

f:id:s331m:20161002015852j:image

1巻の部下が個性なさすぎるけど人望のために必死に覚える所とか、

f:id:s331m:20161002015900j:image

2巻の限定ジャンケンの社内コンペのぶっ壊れ具合とか、

f:id:s331m:20161002020023j:image

3巻の債務者のテストケースのぶっ壊れ具合とか結構ツボりました。

トネガワのギャップで面白い部分もありますが、トネガワ(常識人)が周りの頭おかしい連中に振り回される感じが凄い面白かったです。特に3巻の元部下がトネガワをねずみ講に引きずり込みそうになってるシーンはクッソ笑えました。

ロリコン・プー太郎のダメダメのび太みたいな28歳主人公が6年もの歳月を費やして子供を設けるようになるまでのお話がクッソ面白かった。ラブやん1-22巻感想。

超くだらなくて、超面白いラブコメでした。

 

 

あらすじ

 ロリ・オタ・プーの三拍子そろった大森カズフサ(25歳)。いかにもティピカルな現代的駄目男のもとへ、愛の天使ラブやん見参! 片想いの相手は小学生、この恋を成就させるのは聖なる任務か犯罪か!? 成功率100パーセントを誇る愛の天使の前に、史上最低の試練が鼻を刺す、じゃない、そそりたつ、じゃない、立ちふさがる!

主人公は救いようがないロリコンダメ人間のプー太郎

無職+ロリコン+何かあると現実逃避+既にある恋愛フラグをへし折る+他人のフラグまでへし折ろうとするという今まで読んできた漫画の中でもトップクラスに屑OF屑のダメ主人公ことカズフサさんでした。

f:id:s331m:20160911041534j:image

ただ、段々とラブやんを気遣うことが出来ていくあたりが凄い成長が見えて良かったです。思わず応援したくなっちゃうあたりはドラえもんのび太くんに似たような庇護欲を誘うものがありました。

無駄にマッチョだったりしますが、基本ものすごくヘタレなところとか、25歳にもなって精神的に小学生レベルなところとかモノホンの屑でしたが、主人公の糞くだらない思考が地味に理解できることが多くて笑えました。

話が超下らない+キャラクターが一々面白い

プーのカズフサくんとその相棒ラブやんが暇にかまかけて本当に下らないことばっかりやってるんだから本当に下らない。序盤の小学生ランドとかいう狂気の沙汰としか思えない所にでかけたり、終盤のカズフサのチクビが取れてラブやんに襲いかかる話を読んだ時は最高に笑えました。ちなみに7割がカズフサがロリとお近づきになるために四苦八苦する下らない話で、2割がジャモジイさんにアメリカン料理とかいう虫料理を食べさせられる話で残り1割(主に21巻と22巻)がラブコメでした。

ダメ人間のカズフサくんを筆頭に色々なキャラクターが登場しますが、ラブやんとかキューピッド師匠とかジャモジイとかみのっちとかレギュラーキャラの約9割のキャラクターが打算的ですぐ自分以外の人間を陥れようとする人間味がだだ漏れているキャラクターばかりで面白かったです。特に主人公の相方ともいうべきラブやんは回を重ねる毎に遠慮というものが無くなっていって何か気に食わないことを言われたりすると目つきを繰り出すようになる容赦の無さも夫婦漫才みたいで良かったです。

終盤のラブコメ展開が中々熱い

終盤からのまさかのラブコメ展開にだいぶ熱いものを感じました。なんというかこんなに清々しいカップルはいないという感じ。しかも巻数にして22巻、作品内の時間にして約6年を経てのゴールインです。その中でカズフサのガチ失恋×2やラブやんとの色々な思い出が想起され中々熱いものがありました。みのっちの「情」という話がありましたが、本当にキャラクターが生きているかのようなそんな人間臭さを凄い感じる良いカップルの生まれ方でした。こんな漫画だからこそ出来るカップルという感じでした(まぁ読み終わった後カズフサでも結婚できたのに…とか思って死にたくならないでもなかったですが…)。

f:id:s331m:20160911042122j:image

特に最終巻の怒涛のラブコメ展開は田丸先生ラブコメをメインで書いたほうが良いんじゃねーのかと思うほどのキュン死具合でした。

今週読んだ漫画、ラノベ48冊雑感まとめ

今週読んだ分です。

 

とうとうアモウ姐さんと主人公の対決が始まりました。

次回で最終巻とかなのかしら?それとも横槍が入るのかしら?

 

世の中の男性がほぼ死んじゃった世界で生き残った男性5人を取り巻くハーレムを描いたSF作品です。

 f:id:s331m:20160903183525j:image

子供を産むために強制ハーレム状態となって女の子と子作りしましょうというエロゲーのようなシチュエーションが良かったです。出てくる女の子が妹以外全員エロシーンに突入するあたり良いですね。特にメインヒロインっぽい女の子がドツボ。クーデレっぽいのが良かったです。

 

パジャマなカノジョの作者のバドミントン漫画です。相変わらず卓越した画力でエロい女の子達が沢山出てきます。エロを期待して読んでた訳ですが、これがまさかの超スポ根漫画になってて笑いました。

 f:id:s331m:20160903183651j:image

特に主人公、羽咲ちゃんは余りに闇が深すぎる(笑)超才能があるんですけど、相手選手の精神をひたすら折っていく勝ち方するところがもう主人公に思えない(笑)この子はどう成長していくのかが気になるところです。今まではバドミントンが彼女を孤独にしていたのですが、仲間を得たことによって彼女の戦い方にも変化があるのかもしれません。

 f:id:s331m:20160903183610j:image

そして、なぎさちゃんが中々熱い。準主人公な感じです。こっちは孤独な主人公のライバルキャラとして主人公に真っ向から戦ってくれる存在として描かれていました。特に7巻での決戦が超熱かった。主人公はまだ覚醒しきっていない感じがありますが、こちらの子についてはほとんどメンタル的には成長しきった感じですね。戦い方も清々しいですし、読んでいて安心感がありました。

 

最近流行りの異世界系ジャンルで日常マンガです。少し子育て的な要素もある感じの漫画でした。

 

今回は機凱種戦でした。中々熱かったです。あと、イミルアインちゃんもくっそ可愛かったです。イミルアインちゃんはレギュラーキャラにならないのでしょうか。気になります。

 

ロリコンでプーな主人公の恋愛(違法)を叶えることを任されたラブやんことキューピッドがなんとか主人公を成長させようと四苦八苦するギャグ漫画です。

 f:id:s331m:20160903183739j:image

簡単に言うと大人版ドラえもんです。しかも圧倒的にダメ人間しか存在しないドラえもん(笑)全く救いようがないのが笑えます。

 

とうとう悪の親玉と主人公が相対した感じでした。これからどうなるのか気になるところです。

 

奈落の羊 : 1 (アクションコミックス)

奈落の羊 : 1 (アクションコミックス)

 

ネカフェ難民の美少女を屑が食い物にするという漫画でした。Webの広告なんかでタマに見かけて気になったので読んでみました。内容としてはひたすら屑同士がお互いを傷つけ合い、傷を舐め合うという救いようがないお話。しかも最後はヤーさんみたいなのに主人公が捕まっちゃってるし…どうなるんでしょうか先は気になりますが主人公があまりにも屑なので読んでいて楽しい気分にあんまりならない漫画でした。

 

ネグレクトを受けていた主人公が家出をキッカケに少しずつ愛とは何ぞやを取り戻していくお話です。途中で丸々1巻くらい主人公たちのおじいさん世代の恋愛物語が挟まり大丈夫かこの漫画!?となりますが、最後まで読むと上手くまとまっていて面白かったです。同棲レズ好きとしても中々良い作品でした。

 

悪行の限りをつくす聖十字軍をぶっ殺すべく立ち上がった乙女達の戦争漫画です。ガッチリと戦争していてバッタバッタと人は死にますし、戦略的な話も面白いです。ノリ的には狼の口に近いかもです。

 

セーラー服と重戦車 9 (チャンピオンREDコミックス)

セーラー服と重戦車 9 (チャンピオンREDコミックス)

 
セーラー服と重戦車 6 (チャンピオンREDコミックス)

セーラー服と重戦車 6 (チャンピオンREDコミックス)

 

リボンの武者の作者の過去作品です。内容はガルパンに似てます。ひたすらJKがエロい姿になって重戦車を繰って戦うという青春ラブコメタンク漫画でした。面白いか面白く無いかと聞かれると正直あんまり面白くn…っゴホゴホ。9巻までに色々な戦車が出てくるのとミリタリー小話が凄く多いのが魅力で、そういう部分は面白かったです。

 

アニメ版を見て雰囲気が最高に気に入ったので読みました。面白かったです。ノリとしては、うさドロ+料理漫画という感じでした。

 

妖怪少女─モンスガ─ 8 (ヤングジャンプコミックス)

妖怪少女─モンスガ─ 8 (ヤングジャンプコミックス)

 

今回はエロ少なめのバトル回でした。主人公の昔の知り合いが主人公を殺しに来たという謎の展開で終わってるので続きが気になるところです。

 

こども・おとな (ヤングジャンプコミックス)

こども・おとな (ヤングジャンプコミックス)

 

少年の目線から家族のカタチをひたすらに描いた作品でした。本当に凄い観察力といいますか、少年の中でどう考えが変容していくのかが、少年は何を思ってそうなっていったのかが凄く丁寧に描写されていてよく出来ている漫画でした。

f:id:s331m:20160903183833j:image

ただ、サムライうさぎの人はアマリリスのクソ鬱漫画の印象が強すぎて、少年がいつ不幸になってしまうのか凄いドキドキしながら読んでしまいました。不幸にはならないので安心して読んで下さい(笑)

 

ポム・プリゾニエール La Pomme Prisonniere

ポム・プリゾニエール La Pomme Prisonniere

 

裸の女性が猫の王様になるために四苦八苦する話です。ひたすら裸の女性が出来てますが、なんかエロくない…オシャレで綺麗な印象を受ける漫画でした。

f:id:s331m:20160903183924j:image

あと猫の王様になろうとする話は主人公の思考が凄い可愛かったです。

 

ラーメン大好き小泉さん(4) (バンブーコミックス)
 

今回も飯テロでした。以上。

 

源君物語 9 (ヤングジャンプコミックス)

源君物語 9 (ヤングジャンプコミックス)

 

今回は声優志望の巨乳ちゃんとえろえろしてました。

 f:id:s331m:20160903183954j:image

ホントこの漫画は行為中の絵がエロくて好きです。巨乳ちゃんも可愛いですし、次回どう乱れるのかが凄い気になります。

 

ナナとカオル 17 (ジェッツコミックス)

ナナとカオル 17 (ジェッツコミックス)

 
ナナとカオル 16 (ジェッツコミックス)

ナナとカオル 16 (ジェッツコミックス)

 
ナナとカオル 15 (ジェッツコミックス)

ナナとカオル 15 (ジェッツコミックス)

 

沖縄編が中々熱かったです。やっと主人公とヒロインの気持ちが一つになったような感じだったのでホッと一安心しました。次回はヒロインの母にバレたりするんでしょうかね。楽しみです。

 

今回は料理漫画というよりかは冒険漫画に近い様相でしたね。相変わらず面白かったですが、妹の話が少し出てきたので、もしかするとそろそろ完結するのかもしれませんね。

 

うなぎ鬼 (1) (ヤングキングコミックス)

うなぎ鬼 (1) (ヤングキングコミックス)

 
うなぎ鬼 (2) (ヤングキングコミックス)

うなぎ鬼 (2) (ヤングキングコミックス)

 
うなぎ鬼 (3) (ヤングキングコミックス)

うなぎ鬼 (3) (ヤングキングコミックス)

 

Webの広告でやばそうな漫画だなぁと思って読んでみました。序盤の展開は確かに違法なことに巻き込まれていく主人公達の恐怖感や人間の恐ろしさを描くサスペンス作品のように思えましたが、終盤にかけては最強伝説黒沢に近いような少し世の中で生きづらい主人公の人間ドラマを描いた作品となっていました。最後のピリっと緊張感のあるオチも素敵ですしよく出来てる漫画でした。

今週読んだ漫画12冊雑感まとめ

 今週読んだ漫画です。

 

美少女が幼女を囲うお話です。

うーんこの良いレズ話で幸せになったところからの

 f:id:s331m:20160811233525j:image

f:id:s331m:20160811233532j:image

クソレズの深い闇が面白かったです。ていうかまともな子が本当に一人もいねーなこの漫画。今回もいつも通りメンヘラてんこ盛りのバトロワ漫画という地獄絵図すぎでした。

 

私の少年 : 1 (アクションコミックス)

私の少年 : 1 (アクションコミックス)

 

ネットで話題になってるとのことなので読んでみました。実際面白かったです。もう少年がクッソ可愛いのなんのって。やばいっす。

 f:id:s331m:20160811234151j:image

百合漫画大好きな私もグラつくほどの素晴らしいおねショタものでした。おねショタってジャンルはどちらかというと男性向けな印象があったんですが、女性向けも有りですね。凄く良いです。ショタの屈託のない笑顔でココロが洗われるんじゃーでした。

 

+チック姉さん(プラスチック姉さん)(1) (ヤングガンガンコミックス)

+チック姉さん(プラスチック姉さん)(1) (ヤングガンガンコミックス)

 

国木田が強烈すぎる。アニメを先に見ていたのですが、アニメは本当に出来が良い感じで、漫画は面白いんですけどアニメの動いている方がやっぱり良いですね。ただし国木田だけはインパクトがエグいですね。コイツだけは静止画でも全然面白すぎて沢山笑わされました。

 

やっとこさ百合ものらしくなってきて良い感じでした。満足です。

 

citrus: 5 (百合姫コミックス)

citrus: 5 (百合姫コミックス)

 

もっと雪ノ下(違)が由比ヶ浜(違)にデレて欲しいです。

 

パジャマのカノジョのようなエロ展開を期待したら、まさかのスポ根もの。主人公の底が見えない感じが面白そうでした。これからどうなるのか。気になるところです。

 

外道の歌 1巻 (ヤングキングコミックス)

外道の歌 1巻 (ヤングキングコミックス)

 

善悪の屑と合わせて読みました。神様お前を殺したいみたいなクライムサスペンスものに現代版の必殺仕事人要素を足した面白い作品となっておりました。復讐代行業で、ウシジマくんのようなクズ人間要素とソイツらがカモさんによって傷めつけられる姿は中々衝撃的で痛快でした。

 

前回に引き続き美味しそうな現代料理が沢山出てきました。この漫画は地味に料理を食べてるキャラクターの顔がクッソ美味しそうなのが凄い良いんですよね。

今週読んだ漫画22冊雑感まとめ

今週読んだ漫画です。

 

少年ラケット 5 (少年チャンピオン・コミックス)

少年ラケット 5 (少年チャンピオン・コミックス)

 
少年ラケット 2 (少年チャンピオン・コミックス)

少年ラケット 2 (少年チャンピオン・コミックス)

 
少年ラケット 3 (少年チャンピオン・コミックス)

少年ラケット 3 (少年チャンピオン・コミックス)

 
少年ラケット 4 (少年チャンピオン・コミックス)

少年ラケット 4 (少年チャンピオン・コミックス)

 
少年ラケット 1 (少年チャンピオン・コミックス)

少年ラケット 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

父親を亡くしたショックで記憶喪失になった主人公が記憶喪失になる前にやっていたらしい卓球にのめり込んでいくというお話でした。

適度に主人公が頭もよく、才能もある感じで弱虫ペダルっぽいノリで面白かったです。
まだ、一つ目の学校と戦っている最中なので十分面白いんですけど、まだ熱くなりきれてない感じ。あと10巻くらい出たら盛り上がってそう。

 

イカロスの山 1巻

イカロスの山 1巻

 
イカロスの山 10巻

イカロスの山 10巻

 

二人の男性が未踏のエベレストの峰に挑戦するというお話でした。

やっぱり山漫画にハズレ無し。面白かったです。すこ~しだけ恋愛要素が絡まなくも無いですが、むさい漢達のドラマの配分が9割なのであまり気になりませんでした。(というかヒロインいらなくね?)
作品としても綺麗にまとまってましたし、山漫画特有の次にどんなピンチになるんだ!?っていう独特の緊張感が面白かったです。何より孤高の人にいるようなクズがこの作品には一人もいなかったのが鬱憤がたまらなくて良かったです。

 

ゆるキャン△ 2巻 (まんがタイムKRコミックス)

ゆるキャン△ 2巻 (まんがタイムKRコミックス)

 
ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

キャンプ✕ゆるい百合✕美味しいゴハンという作品。

もうキャラクターが可愛すぎてヤバかった。特に主人公コンビの安定感が堪らない
ヤマノススメのあおいとひなたのような夫婦感が最高でした。

 f:id:s331m:20160804211541j:image

f:id:s331m:20160804211552j:image

うーんこのポンコツ感と安定感。たまらないくらい可愛いかったです。

 

最近熱い百合✕美味しいゴハンといえば新米姉妹。今回は何と言ってもローストビーフ。あれが良かったです…食べてぇ…。百合も最後の話が良かったです。所謂親友の嫉妬的百合シチュは王道ながら最高でした。それはそうと今回もサチちゃんのポンコツっぷりには癒されました。

 f:id:s331m:20160804211627j:image

かつてこれほど情けない「そんなぁ」があっただろうか(笑)何故かグルメものは食専の無能系ポンコツキャラが一人はいる気がする…気のせいだろうか。いや、サチちゃんはちゃんと妹の弁当を作ってたし無能ではないか…。

 

2DK、Gペン、目覚まし時計。: 3 (百合姫コミックス)

2DK、Gペン、目覚まし時計。: 3 (百合姫コミックス)

 

今回は漫画の二人組に話が終始してました。面白くなくはないんですけど百合感は少なくて少し寂しかったです。

 

彼女はろくろ首(3) (週刊少年マガジンコミックス)

彼女はろくろ首(3) (週刊少年マガジンコミックス)

 

割と重めの話を突っ込んできてオイオイどうした…って状態に。もっと軽めのゆるいラブコメ漫画だと思ってたんですが、そんなシリアスになっちゃうの??次の巻はもう少し緩めの話が沢山あることを期待。

 

河本ほむら先生原作の漫画と聞いて購入。デスゲーム系ですが、少し異色なのは主人公が死んでも生き返るというデスゲームであること。

正直面白くなくはないですが、カケグルイのような破滅と隣合わせの緊張感というものがホボ皆無なのが少し微妙な感じになってる原因かも。あとゲームが微妙にカケグルイより難しくてスルスル読めないのが難点でした(笑)

あと一番の違いは対戦相手がいるかいないかということ。デッドロールは対戦相手がディーラーなんだけど、そのディーラーとの心理戦が今のところ皆無ってのも面白くない理由かも。カケグルイはギャンブルのヒリつく感じも醍醐味ではあるんだけれど、対戦相手との心理戦がやっぱり面白さを生んでいるのだと思われるからなぁ。