読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ裏

私の好きなモノの感想を只管述べているだけのブログです。

今週読んだ漫画6冊雑感まとめ

今週読んだ奴です 

アルテ 4巻

アルテ 4巻

 

中世のヨーロッパを舞台に、貴族で女の子のアルテが、バリバリの男性社会である芸術家の職人さんになることを目指して頑張るお話です。

面白そうな長編に入るみたいで楽しみです。今回はその長編の前フリがほとんどな気がしましたが、ヴェロニカとダーチャのような新しい出会いもあったのは興味深かったです。この二人の関係も見てみたいものです。新しい環境で大丈夫か心配ですが、今度はどんなキャラが出てくるのか楽しみ、次の巻が待ち遠しいです。
 

ダーツ賭博で無茶苦茶強い烏丸さんが一癖も二癖もあるダーツの強豪達をボコボコにするお話です。

嘘食いとかカイジみたいな駆け引きギャンブルものでした、ゲームが全てダーツということで、どんな話になるのかなぁと期待したのですが、ダーツはホボ最高得点ゲーになってまして、どちらかというと場外戦がメインな作品でした。敵が負けを悟った時の変顔と、主人公の心理戦での強さが際立ってました。麻雀漫画で咲を勧められると麻雀してねーじゃーか!って言われそうですが、これもダーツ漫画というと少し違う感じでした(笑)

  

蒼穹のファフナー(1) (シリウスコミックス)

蒼穹のファフナー(1) (シリウスコミックス)

 

言わずと知れたロボットアニメのコミカライズ版です。

冲方先生の小説版やドラマCDなど色々なスピンオフの内容まで全部網羅した完全版といっても過言じゃない内容になっておりアニメ見たことある人でもオススメです。そもそもファフナーの設定って結構沢山あってアニメだけだと補完できないですしね。特にキャラクターの心理描写や竜宮島の文化についてなどはアニメでは全く補完しきれていない部分があるのですが、そこもバッチリ漫画版は補完されている感じで読んでいてコーヨーさん実は結構モテキャラだったとか、島の地区同士で対抗意識があったなど、新しい発見がありました。

 

江戸時代版仮面ライダー?という感じの作品でした。

流石シグルイの作者の作品ということもあり、戦闘シーンに無茶苦茶迫力があります、あとエログロが相変わらず凄い(笑)敵も味方もなんかケレン味たっぷりのカッコ良さでした。